ともにつくろう やさしいまち 荒川!子ども・若者・高齢者・障がい者・ みんなが大切にされるまちに!

橋立けいこ(はしだて けいこ)

住民の声を伝えたい-立候補にあたって-

2017年2月、荒川区から「日暮里地域における公共施設の順次更新(西日暮里二丁目北児童遊園・ピアホーム・区立東日暮里保育園・日暮里ひろば館廃止、民営保育園・日暮里ふれあい館建設)の説明会があり参加しましたが、周知方法にも問題があり、短い時間の説明会で、みんなの意見を聞く姿勢はありませんでした。住民や利用者の視点で荒川区政をチェックして、反映させていきます。

保育園の民設民営化(公立保育園廃止⇒民営に)については、区立保育園に入園したのに在園途中から、私立に変わることに対し、保護者からの不安(引き継ぎ保育・保育士が変わること・園舎など環境が変化すること)の声が多く出されました。保育園民営化を検証し、公立保育園の民営化にはガイドラインを作らせます。

ピアホームに替わるものとして障がい者グループホームが東日暮里二丁目に建設されました。重度の障がい者が、入所することも、以前は利用できていた緊急一時保護の利用も出来ない施設になってしまいました。重度障がい者が利用できる施設運営を求めていきます。

東日暮里保育園跡地に仮称日暮里ふれあい館が建設されます。今まで日暮里ひろば館を利用していた音楽・演劇関係者から「荒川の文化の砦」であったのに、指定管理者が事業運営するふれあい館になると今までと同様に使用できなくなるのではないかという心配の声が上がっています。ひろば館利用者やみんなの声を反映して、使い勝手の良い施設になるよう求めます。

荒川区の進め方は、思いおこせば30年前の小・中学校の統廃合でも同じでした。今も住民の声が届いていないことが明らかになりがっかりしました。このままではいけない、住民の声を活かす荒川区にしなければと思いました。
西日暮里駅前・三河島駅前北地区再開発をはじめ多くの施設建設計画が目白押しです。住民の声が活かされるまち作りをすすめていきます。

介護現場で働いてきた経験から、同居者がいると生活援助が使えない、ケアプランの有料化が検討されるなど介護の社会化に逆行する動きや、福祉の現場で働く人の待遇改善が必要なことを強く感じています。福祉目的に税金をもっと使うよう求めます。

子ども・若者・高齢者・障がい者・みんなが大切にされるまちをめざして、世代をつなぎ地域のネットワークづくりをすすめます。私はそのために働きます。
「ともにつくろうやさしいまち荒川!」
力強いご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。

橋立けいこ

橋立けいこの政策

  1. 安心して子育てができる荒川に
    • 待機児童の解消、保育の質を低下させず、保育園民営化を検証し、ガイドラインを作らせます。
    • 子育て中の家庭支援の予算を増やします。
    • 学童保育の基準緩和に反対します。
  2. 誰もが大切にされる荒川に
    • 在宅での介護・医療の連携を充実させます。
    • 特養ホームやデイサービス施設などの拡充と利用しやすい環境をつくります。
    • 空き家を活用した区民交流の場をつくります。
  3. 自然と共生できるまち荒川に
    • 区民の声がいかされる再開発の仕組みを作ります。
    • 原発の再稼働に反対し自然エネルギー利用の助成制度拡充をめざします。
    • まちなかに緑を増やす活動を支援します。
  4. 安全安心のまち荒川に
    • 災害に備えるまちづくりをすすめます。
    • 避難所の整備と女性、障がい者など災害弱者の視点を生かした防災環境の整備をします。
    • 水道民営化に反対します。
  5. 働く人や中小企業が元気なまち荒川に
    • 8時間働けば生活できる賃金を!最低賃金を引き上げるよう働きかけます。
    • 保育・介護の人材確保、処遇改善!定着するために予算を増やします。
    • 中小零細企業の経営の安定と事業承継への支援をはかります。
  6. 平和憲法を暮らしに活かす荒川に
    • 基本的人権の尊重を!戦争をしない、させない社会をめざします。
    • 弱いものの権利をふみにじらせない社会をめざします。

コミュニティーカレッジ学園祭

2017 年23 区発ごみゼロへのビジョンにて
アピールを発表

歴史の足跡を学ぶ│今戸神社にて

ともにつくろう やさしいまち 荒川!子ども・若者・高齢者・障がい者・ みんなが大切にされるまちに!

応援します

  • 宇都宮健児(元日本弁護士連合会会長)
  • 𡈽屋悟史(医師
  • 福島瑞穂(社民党副党首)
  • 山本太郎(参議院議員)
  • 保坂展人(世田谷区長)
  • 中村訓子(ほしのいえ代表)
  • 森本孝子(平和憲法を守る荒川の会代表)
  • 渡辺 学(東日暮里在住)
  • 山口菊子(豊島区議)
  • 吉沢千枝子(リサイクル日暮里)

橋立けいこのプロフィール

1955年(昭和30年)
鹿児島県生まれ
1987年(昭和62年)
旧第四日暮里小学校と真土小学校統廃合を考える会で活動
1989年(平成元年)
東京都議会議員・無所属(社会党推薦)で当選。
交通のバリアフリー化に尽力
消費者団体・リサイクル日暮里 荒川フリーマーケット実行委員長
生活クラブ生協荒川会員として拡大に努める
NPO法人東京ケアネットワーク、デイサービス事業所等勤務
介護福祉士
会社員


フリーマーケット実行委員続けています

お知らせ

【行いました】

0325月曜日

福島みずほ 下町応援団2019 IN 荒川

安倍政権は、憲法9条1項・2項をそのままに自衛隊を書き込むことで、違憲問題に終止符を打ちたいと言っています。そして書き込んでも何も変わらない、これまで自衛隊の子どもたちが「お父さん自衛隊は憲法違反なの?」と言っていたことを解消するのだ、と言っています。本当にそうでしょうか。臨時国会では市民と国会議員の連帯で改憲発議をさせませんでしたが、通常国会では何としても発議できるようにすると執念を燃やしています。今年は猪年。地方選と参議院選が重なる年です。護憲派の議員を増やして、改憲発議ができないようにするために、力を合わせて頑張りましょう。

日時
2019年3月25日(月)19時受付 19時15分開会
場所
町屋文化センター 多目的室
〒116-0002 東京都荒川区荒川7丁目20-1
内容
  • 主催者挨拶
  • 福島みずほの国会報告
  • 講演「平和憲法の破壊は許さない」
    古川健三さん(荒川区在住の弁護士・安保法制違憲訴訟の事務局次長)
  • 下町地域の議員と予定候補者(橋立けいこも参加)のエール交換
  • 今後の行動提起と団結ガンバロー
参加費
500円

【行いました】

0223土曜日

安心して子育てができる荒川に

今、日暮里では!?
2年前、突然に、区立東日暮里保育園が民間の保育園になること、跡地にはふれあい館が建ち、日暮里ひろば館はなくなりふれあい館へ という構想が明らかになりました。現在、4月開園に向けて建設工事が進んでいます。公立から民間への引継ぎはどうなっているでしょ う。ふれあい館設計説明会では、これまでひろば館を利用していた団体から利用できなくなるのではという不安の声も出されています。 区民の声を届けよう。

日時
2019年2月23日(土)19時~
場所
日暮里ひろば館 201会議室
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-10-9

【行いました】

0221木曜日

平和憲法を暮らしに活かす荒川に

国立市では、あらゆる差別を禁止する「人権を尊重し多様性を認め合う平和なまちづくり基本条例」が4月から実施されます。
ヘイトスピーチ対策法、部落差別解消推進法、障害者差別解消法の理念、憲法の理念も盛り込まれた、あらゆる差別を禁止する人権基本 条例を学びます。

日時
2019年2月21日(木)18時30分~
場所
荒川さつき会館 会議室
〒116-0002 東京都荒川区荒川8丁目16-13

【行いました】

0216土曜日

誰もが大切にされる荒川に

高齢になっても障がいがあっても住み慣れた街で暮らせるように、もっとバリアフリー化が必要です。そして、若者や高齢者だけではな く単身世帯が増えている現在、ふだんの暮らしでの困ったこと、地域での困ったことをみんなで話せる居場所やネットワーク作りが重要 になっています。今回、𡈽屋悟史医師に在宅生活を支える「医療と介護の連携」についても話していただけます。

日時
2019年2月16日(土)19時~
場所
尾久ふれあい館 301会議室
〒116-0011 東京都荒川区西尾久2丁目25-13

橋立けいこ明日をつくる会

会員募集中
目的
橋立けいこの政治活動を応援します。
会員
この会の趣旨に賛同し、会費を毎年納入いただける個人が会員になれます。
会費
1口 2,000円/年

お問い合わせ先

橋立けいこと明日をつくる会
E-mail

TEL
050-1419-2416
FAX
03-3806-4840
〒116-0013 荒川区西日暮里2-13-8

お振り込み先

郵便局備え付けの青色の払込取扱票をご使用ください

口座記号・番号:00100-5-768022
加入者名:橋立けいこと明日をつくる会
<通信欄>
住所、お名前、連絡先電話番号の記入をお願いします。

Page Top